メイン

婦人部 活動日誌

2014年11月11日

第48回婦人部定期総会

第48回婦人部定期総会を11月9日(日)に南京町の群英楼で行いました。参加者は大人25名、子ども5名。重松婦人部長から、「イベントや署名など自分が参加できると思ったことに、積極的に参加をお願いします」と訴えました。議案の中で、「乳がん子宮がんの検診に行ったら婦人部から補助金がもらえるなんて知らなかった」などの声がありました。
総会に初参加の方や子どもも多く、とても賑やかな総会になりました。
2014 総会3.jpg

2014年3月20日

3・13重税反対中央区集会

3.13重税反対中央区集会が中央労働センターで行われ、約200名が集まりました。
雨の中大変でしたが、元気よく税務署までデモ行進しました。
DSCN2524.JPG


また婦人部では、毎年恒例の「ぜんざい炊き出し」を行いました。婦人部役員さんが作ったぜんざい、約60人分を振る舞いました。大雨の中、来てくれた方に喜ばれました。
婦人 3.13 2014 ぜんざい.JPG

2013年11月14日

第47回婦人部定期総会

2013年11月10日 第47回婦人部定期総会を元町 栄和飯店で行いました。
昨年より多い34名の参加で、地域・家庭を支える業者婦人が集まり、原発再稼働反対や消費税増税中止・56条廃止・安心して生活、子育てをできる社会を目指して、業者婦人の要求実現のために頑張ろうと意思統一しました。

そして、おいしい中華料理をみんなで交流しながらいただきました。

IMG_2274[1].JPG

2013年11月 7日

『全国業者婦人決起集会』

10月11日(金)『全国業者婦人決起集会』in東京 に神戸親和民商婦人部から7人が参加。所得税法56条廃止の署名1,753名分を持って行きました。全国から約1,500人の方が日比谷公会堂に結集し、33万名分の署名が集まりました。福島・宮城の民商婦人部員さんからの涙の訴えや、沖縄・鳥取・自治体採択過半数を突破した長野の民商婦人部員さんからの報告と訴えが行われました。
 56条廃止の紹介議員になってほしいと国会に議員要請にも行きました。いつの時代も女性は元気だと感じました。
婦人部写真.jpg

2013年9月19日

婦人部拡大行動

9月12日(木)午後2時から、婦人部拡大行動を行いました。
役員さんと一緒に婦人部に入部をお願いに回ると同時に、乳がん・子宮がん・大腸ガン健診の受診を勧める声掛けをしました。

★婦人部では、乳がん・子宮がん健診に行かれた方に500円の補助をしています。1年に1度は、健診へ!!
10月11日(金)に行われる『全国業者婦人決起集会in東京』の参加者を募集しています!

9月12日記事写真.jpg

2013年8月30日

六甲山納涼バスツアー♪

よっちゃん.jpg

8月25日(日)に貸切バスで六甲山に登り、暑い日々から解放されて涼しいひと時となりました♪少し寒いくらいでした。この日は39名が参加し、みんなで美味しい料理を食べて、展望台から夜景も楽しみ、「キラキラッ!」と喜ぶ子どもたちの姿も見られました。

2013年6月20日

婦人部学習会

美子①.jpg

6月16日(日) 婦人部学習会を行いました。
前事務局長の佐藤さんが講師をしてくれ、
アベノミクス・経済・暮らしについてお話をしていただきました。

3本の毒矢だけに止まらず、4本目の毒矢は消費税増税。
「小選挙区制は何とかならんかな」「マイナンバーって?」など質問もあり、
みんなで勉強しました。

この日は父の日でしたが、21名の方が参加してくれました。

2013年6月17日

兵庫県婦人部協議会(兵婦協)の総会

6月9日(日)、兵庫県婦人部協議会(兵婦協)の総会に神戸親和民商婦人部から12名参加してきました。
毎月役員会を開催している婦人部として表彰されました!
業者婦人の要求実現の為、一致団結して頑張ろうと意思統一しました。
兵婦協総会 写真.jpg

2013年5月10日

「憲法と社会保障」の学習会

婦人部学習会.jpg

4月28日(日)「憲法と社会保障」の学習会に参加しました。
灘民商婦人部の山田武子さんのヴィオラ演奏から始まり、講師の田中耕太郎さん(憲法が輝く兵庫県政をつくる会 代表幹事)からお話を聞きました。
「コスタリカの国では入学式に校長先生が、「自分が大事にされていないと感じたら声を上げてください」と言うのです。
日本国憲法にも、【第13条 個人の尊重・幸福追求権】があります。そして、【第99条 憲法尊重擁護の義務】があります。これらは、私たち国民は行政等の決定に不満がある場合などに声を上げる権利がある。行政等は憲法を尊重し守る義務があり、憲法からは逃げられません。」この言葉にみんなが頷きました...。
他にも生活保護制度・歴史・世界との違いなど、とても勉強になりました。

2013年4月17日

婦人部主催 「領収書整理会」

交流を深めながら...楽しくおしゃべりしながら...一緒に記帳をしませんか?
民商婦人部主催で、領収書整理会を開催☆

とき:5月10日(金) P2:30~
ところ:神戸親和民商(花隈) 3階

領収書・普段お使いの帳簿などをご持参ください。
「帳面のつけ方がわからない...」という方もぜひご参加ください!
みんなで自主記帳・自主計算で経営の力につなげましょう!!
※ご参加される方は事前にご連絡ください。

就学援助 「入学式おめでとう宣伝」

4月9日「入学式おめでとう宣伝」を行いました。
就学援助制度を広く知らせるため、入学式に来られた保護者の方に「ご入学おめでとうございます。」と声をかけ、チラシを配りました。

就学援助制度とは...?
「義務教育は無償」とした憲法26条などの関係法にもとづいて、小・中学生のいるご家庭に学用品費や入学準備金・給食費・医療費などを補助する制度です。
 制度改善を求める活動を行っています。前年所得額が基準を超えていても、「経済的理由で就学が困難となる事情がある場合」、年度の途中でも申請できます。しんどいなと思ったらご相談ください!

20130417142550_001.jpg

2013年3月18日

「笑顔がかえってきた」婦人部ぜんざい

婦人部炊き出し写真.jpg

3.13重税反対中央区集会で婦人部員さんによる炊き出しを行いました!
この集会を盛り上げようと役員さんと協力して、小豆を炊き、少し甘めのぜんざいが完成☆
婦人部のシンボル、赤いチェックのエプロンを身にまとい参加者に配りました。
「おいしかった。」「ありがとう。」と笑顔がかえってきて、100杯のぜんざいがなくなりました。

2012年11月 6日

第46回婦人部定期総会

今年の総会は神戸駅近くの会員さんのお店で29名の参加で行いました。厳しい情勢の中でも頑張って商売を長年続けてきた話、いつ商売できなくなるかと不安だという話、数々の経験談で盛り上がりました。後半は食事をしながら、ワイワイととても賑やかにあっという間に時間が過ぎました。当初計画していた学習を兼ねた〇×クイズの時間が取れなかったのが残念。今後、学習会も活発に計画し、婦人部の課題である次世代の役員づくりをみんなで頑張ろうと思いをひとつにしました。食事もおいしく楽しいひと時になりました。

121104_1127581.jpg

2012年7月10日

兵商連婦人部総会&40周年記念祝賀会

今年で40年を迎える県婦協。今回の総会&祝賀会は今まで活躍されてきた役員さん・現在活躍されている役員さん合わせ総勢約150名の参加で盛大に行われました。神戸親和民商からも12名が参加しました。祝賀会での『40年のあゆみ』のスライド上映では、長期にわたる業者婦人の闘いの歴史が刻まれる写真が次々に映し出され、様々な想い出がそれぞれのテーブルで語られました。所得税法56条の問題をはじめ、就学援助の問題などこれからもまだまだ様々な要求実現へむけ頑張っていかなければなりません。過去の闘いからも学びつつ、これからの運動に前向きに取り組んでいこうと決意を新たにしました。おいしい料理とタップダンスで会場も盛り上がり、楽しいひと時となりました。

集合写真.jpg

2012年7月 3日

兵婦協の幹事会

先日、定例の兵婦協の幹事会が行われました。県婦人部長の『心から心から心から(野田総理のマネ)...私は増税に反対です!』の言葉から始まり、7月8日に行われる総会に向け様々な打ち合わせなどなど行いました。消費税大増税・社会保障改悪が衆議院で強行採決された中、業者婦人からも声を上げようと抗議FAX『私たち業者婦人は衆院採決の強行に断固抗議します』に怒りのメッセージを書き込み34枚を首相官邸へ送りました。「業者がつぶれても何とも思わないのか!!」「中小業者が消費税を転嫁できない...それをわかっていて増税なんてひどい!」怒りや思いは思っているだけでは伝わらない、ひとりひとり声を上げることが大事です。神戸親和民商でも兵庫県選出の国会議員に対して思いをFAXしようと取り組んでいます。ご自宅にFAXがある方はぜひ一緒に声を上げましょう。

2012年5月 2日

婦人部「クルクル体操」

120427_1348461.jpg

婦人部中心に集まってクルクル体操をしています。

簡単な体操で体をほぐしてリフレッシュ!シワ予防の顔のマッサージをしたり、足首をクルクル回す体操など約1時間。誰でも簡単にできる体操ですのでお気軽にご参加ください!覚えて帰って自宅でできるのもいいですね!人数に限りがある為、事前予約を!参加費1回200円。
ぜひご参加お待ちしています☆

次回日程:5月18日(金)
場所:民商事務所3階
時間:あさ10:30~11:30

2012年4月10日

就学援助の問題で教育委員会と交渉

就学援助制度について教育委員会との交渉を行いました。

就学援助制度は、所得制限などの制限はありますが小中学生の子供のおられる家庭で、厳しい家計状態であれば就学に必要な援助を受けることができます。ここ数年は学校を通じての申請が多くなり、申請の仕方で改善されてきた点もあります。

しかし、なかには事情があり、学校を通じてではなく、教育委員会への直接申請を希望される方もおられます。神戸市が今年はこの直接申請を認めないと言い出しました。民商婦人部をはじめとする運動で、これまで毎年交渉を重ね、その直接申請の窓口を開いてきましたが、今年からは受け付けないというのです。

就学援助制度は施しではなく権利です。直接申請を希望する方がいる限り、直接申請も受け付けるべきです。今回の交渉は予定時間を超え2時間半行いましたが、解決・回答に至らず、再度次回交渉を行うことになりました。直接申請も引き続き受け付けるよう交渉を続けます。
120405_1016041.jpg

2012年1月25日

県婦協・税金学習会

県婦協で取り組まれた税金学習会に参加しました。
『民主党政権の「社会保障・税の一体改革」は何を目指すのか?』というテーマで税理士の先生のお話を聞きました。民主党の「社会保障・税一体改革成案」では、社会保障費の増加を抑制し、基本的部分での水準の引き下げを図りながら消費税の大増税をセットにしています。消費税5%の引き上げのうち、社会保障の機能強化(今よりも社会保障を良くしようということ)には1%しか当てられません。医療や年金は改悪される一方で、消費税の負担を国民に押し付け、企業の為にはお金を使う...こんなのは許せません。消費税の増税には反対の声を上げ、社会保障と税の一体改革とはどういうものなのか、何を企んでいるのかをしっかりとみていきましょう。
120121_1303401.jpg

2011年11月22日

婦人部 『フリフリ体操教室』

12月9日(金)ひる2時~〈今後定例化の予定〉
花隈事務所3階
用意する物:バスタオル1枚(マットの代わり)・タオル2枚
参加費1回200円

簡単な体操をして身体をほぐしていきます。どなたでもできる簡単な体操です。ぜひ、身体を動かしにお気軽にご参加ください。

先着順で受け付けます。事前にご予約ください。
連絡先:民商事務所078-351-1291

2011年10月27日

第45回婦人部定期総会&バスツアー!!

今年の総会はバス旅行を兼ねて、京都美山方面へ行ってきました。参加者は36名。湊川神社を朝9時に出発し、まず初めに、車中で総会を行いました。その後、バスの到着時間当てゲームをし、いざ丹波ワイナリーへ!工場見学&試飲をして、昼食はワインに合う豪華コース料理!「家だとこのスープの10倍の量は飲むわ(笑)」とワイワイ言いながら、最後にはお腹いっぱいと大満足!そして、美山かやぶきの里を訪ね、たくさんお土産も買い込み、帰路へ。少し帰りの到着時間が遅くなってしまいましたが、今回初めての参加だった方からも「とてもいい気分転換になり楽しかったわ!」と喜んで頂きました。
婦人部も仲間増やしは大変ですが、これからも楽しい企画をはじめ、学習会や要求活動など、多様な活動を活発に行って頑張っていきたいと思います。とても楽しい一日になりました♪

婦人部総会2011.jpg

2011年10月25日

お天気もセーフ!

婦人部主催のバザーをしました!

今年もたくさんの方々から、多くの商品をご提供いただき、雨も心配される中でしたが、宇治商店街の生田診療所前で賑やかにバザーを行いました。ご協力くださった方々、お越しくださった方々、ありがとうございました。売上は、日本母親大会・原水禁大会への参加・活動費にあてさせて頂きます。(*^_^*)婦人部の日頃の行いが良いせいか、雨も最後ぎりぎりまで降らず!良かったです♪

fujinnbu.jpg

2011年10月13日

業者婦人決起集会"おんなの一揆"に参加しました!!

10/4秋空の下、所得税法56条廃止の署名を持って東京へ新幹線に乗り神戸親和民商からは5名が参加しました。午前中は8月に行った原発学習会で学んだことを力に『東電の包囲行動』に参加。「東電は自分たちの責任で最後までしっかりと補償をしろ!」と声を上げてきました。午後からの決起集会では全国からの仲間の発言を聞きともに頑張ろうと決意し、私たち兵庫県の代表発言では阪神淡路大震災での経験から二重ローンの解決を求め、せめてゼロからの出発をと訴えてきました。所得税法56条廃止の運動も全国に広がり、現在337自治体で採択されています。そして最後はデモ行動。力強くシュプレヒコールをしながら堂々と国会へと行進してきました。業者婦人が笑顔で商売ができる社会めざし力をひとつにこれからも頑張りましょう。
県連先頭デモ.jpg会場内.jpg

2011年9月27日

☆10月22日(土)バザーを開催します☆

今年も恒例のバザーの季節がやってきました!お家で眠っている商品、誰かに使ってもえたらいいな...というモノがあれば、ぜひご提供ください。今年は勝手ながら商品は新品のモノ、もしくはそれ同等のモノに限らせて頂きます。ご連絡頂ければ取りにも伺わせて頂きます。いろんなモノがあふれる賑やかなバザーになるようにぜひご協力ください♪
当日もご近所のみなさんお誘いあわせのうえ、お越しください!!お待ちしております!


と き:10月22日(土)
    あさ11時~14時頃まで
ところ:生田診療所前(宇治川商店街なか)
連絡先:神戸親和民商 婦人部あて ℡ 078-351-1291

2011年8月 8日

婦人部主催『原発学習会』開催しました!!

婦人部の役員会で上がった「原発のこともう少しちゃんと知りたい...」から始まった、原発学習会を行いました。参加者は総勢17名。講師に元県会議員・元関電の職員でもある北岡ひろしさんを迎え、とても分かりやすくお話いただきました。話も後半、北岡さん「原発がいかに恐ろしいもので、怖いものか分かったところで、なんでそんなに原発にこだわるねん?と思うでしょ?」という話になりました。すると間髪を入れずに「儲かるからやろ!!」との声が。「先に言われてしもた!!」と北岡さん。会場も笑いに包まれ、なぜ儲かる仕組みになっているのか、誰が儲かるのか、何の為に原発はあるのか...と話は続きました。今若い世代がこれから抱える問題は、決して楽観視できない重大な問題なんだと強く感じました。美味しいケーキとお茶で満たされ、知識も増え、とてもいい学習会になりました。

2011.8.5-2.jpg

2011年7月25日

婦人部主催『原発学習会』開催のお知らせ!

原発のことを勉強したいという声があり、婦人部主催で原発のことについて学習会を開催します。学習会といっても難しいことを勉強するだけでなく、「ニュースで聞くこんなことってホント?」「もっと分かりやすく教えて!」「これからどうなるの?」「原発なくしても電気なくならへんの?」「なんで?」というように、出てくる疑問を解決し、また今度は、学習したことを自分も人に話していきたいなと思えるような学習会にしたいと思っています。男性の方はもちろんどなたでも参加OKです。参加ご希望の方は事前に連絡をお願いします。たくさんの参加お待ちしています!!

日時:8月5日(金) ひる2時~
場所:民商花隈事務所 3階
お話:北岡ひろしさん (元県会議員・元関西電力社員)
参加費:無料(ケーキ付♪)
お問合せ:民商078-351-1291

2011年7月 4日

兵商連婦人部協議会第39回定期総会

神戸国際会館で138人の参加で行われました。神戸親和民商からは12名の代議員、2名の評議員が参加しました。午後からは有志の方々の「56条劇団」による寸劇も行われました。首に「税務職員」・「妻」などと名前を下げ「どうしてお母ちゃんの給料は経費で認められないの?」など、セリフも名女優揃いだと好評でした。記念講演も原発・消費税などのお話で、会場からは笑いもあり、みなさんとても真剣に聞き入っていました。


110703_1258031.jpg

2011年6月17日

神戸市就学援助と講演のつどい

婦人会館で約30名の参加で行われました。元小学校教師の方の講演は『こどもの貧困』についてのテーマで話され、大変驚かされる実態の報告もありました。神戸市の就学援助率は30%以上、なかには50%を超える地域もある状況です。時代が変わり権利意識は向上しつつ、生活保護も急増する中でも、『ほどこし』の感覚がまだまだなくなっていません。また一方で、学校を風邪で休んだ子の親がタッパーを持って給食を取りに来て、残っている分を全部持って帰った例もあるそうです。給食費を払っているんだからと...。給食がその子の唯一食べられるまともな食事だったそうです。こどもの貧困は深刻です。
受付の窓口を学校のみにすると、整っていない環境のもとで教師が大変だということもあります。学校を通さないで申請をしたい人もいます。直接申請を希望する人がいる限り、今後も引き続き学校申請と直接申請の両方の受付けをさせるようにしていかないといけません。
就学援助だけではありません。今ある様々な制度は使わなければ改善点がみえてこないので、どんどん活用して、さらに使いやすい制度へと変えていく運動をしていきましょう。
本日は神戸市教育委員会への集団申請で44名の申請を行いました。


110616_1044491.jpg

2011年6月 2日

就学援助の集団申請が近づいてきました!

もう就学援助の手続きは済まされましたか?所得制限などの制限はありますが、厳しい家計状態であれば小中学校の義務教育にかかる費用なので、必要であれば当然受け取る権利があります。神戸市が直接申請を認めないと言い出した中、民商婦人部をはじめとする運動で、交渉を重ね、その窓口を今年もひらくことが出来ました。今後直接申請したいという方が少数となれば、神戸市は窓口を学校のみという方向へ運びやすくなります。問い合わせても「学校に出してください」と直接申請はもうしていないと断られたケースもあります。学校申請をすると援助費を学校長の口座へ直接振り込まれ、申請者が指定する申請者名義の口座への振込みがされない場合もあります。自分達の権利を守るべく、申請をお考えの方は直接申請する集団申請にご参加・ご協力ください。

☆添付書類等☆
①平成23年度市民税・県民税特別徴収税額の決定・変更通知書
②平成23年度市民税・県民税納税通知書
③平成22年度分所得・市民税・県民税(所得・(非)課税)証明書

...このいずれか1つが必要です。必要書類の所得証明は確定申告書や源泉徴収票では受付されません。同居している方全員の総所得を合算するので、同居している方全員分の証明が必要です。要件は他にもあります。神戸市のホームページも参考にしてください。詳しくは民商婦人部までお問い合わせください!

2011年5月18日

エコバックを被災地に...

被災地にエコバックを届けようという県婦協の取り組みで、神戸親和民商では40枚のエコバックを作りました。兵庫県内で約1000枚ほど作る計画です。製作は仕立て屋さんを営んでおられる会員さんに全面的に協力していただき、素敵な絵手紙を添えてラッピング!婦人部役員で一枚一枚、一言励ましのメッセージを添えました。役に立ててもらえれば嬉しいです!

110512_1557361.jpg

2011年4月27日

『数は力になる!』と仲間増やし ~婦人部~

全国で所得税法56条廃止を求める運動が前進しています。姫路民商婦人部が市川町で56条廃止の意見書採択を求めた結果、全会一致の採択を勝ち取り、兵庫県内では4自治体となりました。神戸市でも運動を強めていかなければなりません。神戸親和民商婦人部でも『数は力になる!』と仲間増やしに日々がんばっています。先日、拡大訪問をして4名の新しい仲間が増えました。若い奥さんも「子供のためになる活動だったら...」と入部してくれました。

【ご案内】
6月5日(日)第55回兵庫県母親大会が開催されます。いわさきちひろ美術館の顧問・松本猛さんの記念講演もあります。毎年、参加された方からは、楽しかった、行ってよかったと大好評です。ぜひ興味のある方は事務所まで。男女を問わずどなたでも参加できます。お申込はお早めに!

2011年4月14日

就学援助制度を活用しましょう!

就学援助制度は「義務教育は無償」とした「憲法26条」と「教育基本法」にもとづいて、小・中学生のいる家庭に、入学準備金、学用品、給食費、修学旅行費などを補助する制度です。小・中学生の子供さんのいる親であれば、すべての人が就学援助を受ける権利があります。長引く不況が影響し、家族の生活も困難を極めるなか、最近は学校を通じて就学援助制度を活用される方が増えてきています。学校を通じての申請だけでなく、直接教育委員会へ申請する、直接申請もできるので、希望される方はぜひ直接申請も利用ください。提出書類を学校を通さず提出できます。 6月16日(木)婦人会館で集団申請の案内や講演があります。こちらにもぜひご参加ください。詳しくは事務所までお問い合わせください。

2010年11月30日

第44回婦人部定期総会

101123_1527111.jpg第44回婦人部定期総会が無事終了しました。昨年はバス旅行兼ねての総会でしたが、今年は三宮の駅近くの会場で行い、32名の参加でした。中小業者や業者婦人を取り巻く環境がさらに厳しくなる中、所得税法56条の廃止を求める運動の前進の話や、学習し学ぶことの大切さを考え、これからの婦人部活動を盛り上げて強いものにしていかなければと思いを強めました。今総会で新しく2名の役員を迎えました。後半は食事をしながらビンゴゲームを楽しみ、ワイワイと賑やかに話が弾みました。できることから少しずつ、みなさん一緒にがんばっていきましょう。今後とも婦人部活動にご協力宜しくお願い致します。

2010年10月12日

婦人部の拡大行動で2名の成果!

婦人部の拡大では葺合支部の会員さんを訪問しました。食堂をしているお母さん。なかなか店を出られなくて行事には参加できないけど、せっかく来てくれて自分が入部することで力になるならと入部してくれました。またモーターショップの若いご主人も気持ち良く奥様の入部を承諾してくださいました。訪問して顔を合わせての訴えの大事さを実感しました。先日拡大目標にこだわり、多くの方に入部を呼び掛ける電話作戦で入部をしてくださった新入部員さんのところへも訪問し、ご挨拶しました。部員さん役員さんの明るい会話がこれからの活動の活力になる元気の出る拡大日となりました。

2010年8月30日

婦人部主催の六甲山納涼バスツアー

当日は連日の暑さの中、心配された天候もよく、大型バスいっぱいの45名の参加で湊川神社を出発しました。恒例になりつつあるこの納涼バスツアーですが、初参加の方も、お一人での参加の方も、お友達とご一緒に参加の方もみんなでワイワイといざ六甲山へ!!
だんだん陽も落ち、気温もぐっと下がり、日頃の暑さが嘘のように快適な気温。暑い中では食欲もなくなりがちですが、美味しいお料理とビールがどんどん進みました☆
前回、照明がなく真っ暗の中での食事になったということがあったので、今回は有志の方々による発電機の照明や、ろうそくなどの明かりの用意があり、とても快適に、そして、ろうそくの明かりでとても風流に素敵な時間を過ごすことが出来ました!
スイカもかじり、花火もして、あっという間の楽しいひとときでした。
DSCF1662.JPG

2010年7月28日

神戸から思いを込めて

「他人ごとではない。15年前の震災を思い出す。」と婦人部の役員が中心となり、必死に募金を訴えました。おかげでたくさんの募金が集まりました。募金してくれたみなさん、ありがとうございました。

口蹄疫被害に苦しむ宮崎の仲間に、集めた募金と復興を祈るメッセージを贈りました。


SKMBT_C25310072716510.jpg

2009年3月31日

今月の絵手紙です。

絵手紙3月.jpg

婦人部では、毎月第2火曜日2時30分から絵手紙教室を開催しています。
どなたでも参加できますので、ぜひご参加ください。

2008年10月20日

婦人部恒例バザー、にぎやかに!!

PA120163.JPG10月12日(日)、毎年恒例となった婦人部のバザーを事務所前で行いました。 当日は天候に恵まれ、役員手作りのおでん・ちらし・ぜんざい・豚まんなども完売しました。

いつも物品提供してくださる会員・部員の皆様、本当にご協力ありがとうございました。

2008年9月16日

婦人部バザー

毎年恒例になりました婦人部の「バザー」は、会員の皆様による物品提供で、ご近所の皆様に大変ご好評をいただいております。今年も下記のとおりおこないますので、ぜひご参加ください。

バザー物品提供にもご協力ください

お電話くださいましたら、頂きに参ります。TEL:351-1291
なお、売上金は全て原水禁世界大会・日本母親大会など、平和を守るための集会参加の資金として使わせて頂きます。

  日   : 10月12日(日)
時  間 : 午前11時~午後2時
場  所 : 神戸民商事務所前

2008年9月 8日

六甲山夕涼み納涼大会!

SKMBT_C25308090814090.jpg8月31日(日)に婦人部が久しぶりの六甲山納涼バスツアーを仕立て、楽しいひと時を過ごしました。 前日まで雨模様だったので心配しましたが、天気に恵まれ、46名(男性も若干名含む)が参加しました。

婦人部役員さんの作ってくれたバイキング料理に大満足!
○×ゲームや花火などで楽しみ、うら若き女性達(?)は夏を惜しみながら六甲山を後にしました。

2008年7月30日

六甲山夕涼み納涼大会に行こう!

去りゆく夏を惜しむように、自家製バイキングでお腹をいっぱいにして、ビンゴゲーム・花火などで楽しいひとときを過ごしましょう。

日   :8月31日(日)
時   間 : 午後5時30分
集合場所 : 湊川神社正門前
参 加 費 :2,000円
       (バス代、食事、ビール1本付き)

※参加申し込みは、近くの役員・婦人部まで
TEL:351-1291


2008年2月16日

婦人部『絵手紙』

婦人部ハガキ.jpg

2月の「お誕生日カード」です。
婦人部では、婦人部員さんのお誕生日に「絵手紙」をお送りしております。

絵手紙教室は毎月第2火曜日の午後2時30分から事務所でしております。

絵手紙は、『下手でいい』をテーマにみんなで楽しく書いてます。

興味がある方は一度きてください!!

後期高齢者医療制度学習会

先日、婦人部役員会は、
「後期高齢者医療制度」について、学習をしました。知れば知るほど腹の立つ制度に役員の1人から、「年寄りは早よ死ね!言う事やね」と最近ご主人を亡くされた役員さんがつぶやきました。「主人と一生懸命商売をしてきて体もボロボロなのに、安心して医者にかかられへん制度に変えるやなんておかしい!
日本は人間を大切にしない国になってしまうわ」
制度の中身を知らない人たちに話をして、中止の運動をすすめて行こうと話し合いました。

ちなみに
「後期高齢者医療制度」とは
①満75才以上で生保受給者以外は全て強制加入
②保険料の徴収は原則、年金からの天引き
③後期高齢者の心身の特性等にふさわしい診療体系
  「高齢者の心身の特性」とは何か
 包括払い(定額制)、主治(総合)医制度、
 在宅死の促進
④運営主体は都道府県別の広域連合〔地方公共団体〕