メイン

青年部 活動日誌

2016年9月12日

青年部自転車下り

9月11日(日)、『越知川名水街道自転車下り』に兵庫県神崎郡神河町新田ふるさと村まで行ってきました。昨年の秋、今年の春と企画されて、いずれも天候不順により中止となっていましたが、ついに快晴のもと行われました。都会ではなかなか味わえない、のんびりとした時間ときれいな空気の中、リフレッシュして来ました。残念ながら、参加者が7名と少なかったので、次回イベント開催時には是非、お気軽にご参加ください!

IMG_4013.JPG

2015年8月10日

青年部バーベキュー

8月9日(日)13:00から須磨海岸の海の家「HUMMER」でバーベキューを開催しました。今回は兵庫民商青年部との初の共催という形で行われました。神戸からは幼児3人を含む21名、兵庫からは13名の総勢34名が参加しました。夏の暑い日差しの中、うまい生ビールを飲みながら、バーベキューを楽しみ、民商の垣根を越えて、交流を深めました。H270809BBQ1.JPG

2014年9月24日

青年部・婦人部共催 有馬富士バスツアー

9月23日(火・祝)AM9:30に湊川神社に集合してから、バスで約1時間、三田市にある『しいたけ園 有馬富士』に子供6人を含む、44名で行ってきました。
台風が近づいてきていたので、天候が心配されましたが、これ以上ないくらいの快晴で、絶好の行楽日和となりました。
会員同士の交流や、普段、仕事で忙しいためになかなか出来ない家族サービスを目的として、バーベキューをしたり、釣りをしたり、シイタケ狩り・栗拾いをしたりと、大変楽しい一日となりました。
IMG_2691[1].JPG

2013年12月18日

青年部忘年会

12月16日に青年部の忘年会を開催し12名が集まり、大変盛り上がりました。初めて参加した方がその場で入部。2名の拡大ができました。

IMG_2297[1].JPG

2012年6月26日

兵青協第37回定期総会

2012年6月24日(日)、兵商連4階大会議室において兵青協第37回定期総会が開催されました。兵庫県の各民商青年部から代議員として業者青年が集まりました。
決議案や役員選考、決算報告・予算提案があり、その後、分散会ではそれぞれの民商青年部での苦労や問題点が話し合われました。
どこの民商も同じく、青年部が頑張らなければ民商運動は弱体化する一方であり、そのためにも業者青年の仲間を増やしていこうということで、決議を採られました。
また、総会の中でも話し合われたのですが、2012年9月16日(日)~17日(月・祝)に宮城県で行われる全国業者青年交流会への参加を募っています。興味のある方、詳しく知りたい方は事務局まで連絡ください。

H240624_130424兵青協第37回定期総会.jpg

2011年6月23日

青年部からです。

お昼ごはんを食べながら、青年部会を開きました。
8月6~9日に長崎で行われる原水禁世界大会へ行きたい方を募ったり、11月10日に三宮で行われるスタンプラリーへの青年部員さんのお店の参加の募集についてなどを話し合いました。

まだまだ参加者は少ないですが、業者青年の仲間を増やし、さまざまな活動や行事に取り組んでいきたいと考えています。
役員さんだけでなく、青年部の会員さんの参加もお待ちしています!

また、引き続き業者青年対象のアンケートを行なっております。このアンケートを通じて、会内の青年部員の拡大だけでなく、会外の業者青年ともつながりを持てるような取り組みにしていければということなので、アンケートへの回答、ならびに知り合いの業者青年の紹介等、ご協力の程よろしくお願いします!

2011年5月20日

兵庫県青年部協議会 第36回定期総会

2011年5月15日(日)に兵商連にて、兵青協定期総会が開かれました。
全県から青年部役員・青年部員・青年部担当事務局ら、29名の参加となりました。
神戸親和民商からは2人が代議員として参加し、今期の活動報告、今後の活動方針に関して、決議を採ってきました。
分散会においては、特に東日本大震災支援に関することが話し合われました。現地へ赴く支援、募金による支援、その他農業関連の支援など様々な意見が出され、一時的なものではなく、継続的な支援が必要だという結論に至りました。また、青年部活動についてはもっと交流の場があれば・・・との意見が出て、今後の検討課題となりました。
 総会方針案、まとめ、決算・予算案いずれも満場一致で採択され、新年度の新たな役員を選出して閉会となりました

securedownload.jpg

2010年9月21日

第11回全国業者青年交流会 信州松代ロイヤルホテル

9月19~20日の全国業者青年交流会にはじめて参加した黒田さんの感想です。


 2年に1度の開催で、今年は長野県で開催された。
 初日は、記念講演があり、地元で美術館を2つ経営している窪島誠一郎さんによる、戦争で若くして亡くなった名も無き青年画家の話などを伺った。
 2日目には分科会があり、金融、特に融資の学習をした。全国の青年業者の実体験を聞くに及び、大変勉強になった。今後の融資相談にも生かしていければ・・・と思う。

2008年11月25日

全商連青年部協議会総会に出席して

第33回全商連青年部協議会(全青協)総会が11月16日に東京で開催され、代議員・評議員合計199名が出席。兵庫県から12名が出席しました。
最初に全青協議長が「青年部が強く大きくなることが業者青年にとって希望を持って商売できる大きな力になる。人と人とのつながりを大事にして大きな民商を作ろう!」と力強く挨拶。次に全青協の宮津友多事務局長が総会決議案の提案を解説。全体会では全国から13名の代議員が発言し、最後に"CHANGE!YES, WE CAN! "と叫び、全体の喝采を浴びました。
その後、決議案、決算・予算案を圧倒的多数で採択。新しい全青協役員を選出しました。新役員を代表して議長が「独りぼっちの業者青年をなくし、15,000名の全青協を目指そう!」と訴え総会は無事終了しました。
全青協総会には連続して出席していますが、顔ぶれが大幅に変わり、世代交代の流れを感じずにはおれませんでした。北海道では片道2時間かけて部員訪問をしているという報告もあり、成果は小さくとも何事も積極的に行動しなければ何事も成し得ない事を改めて痛感しました。まだ民商を知らない業者青年も多いのでその入口として青年部を知ってもらい力強い神戸民商青年部を築いて行きたいと感じました。

2008年9月26日

業者青年交流会に参加して

 神戸民商から参加した古田さんの感想です。

 前日の9月14日、15日に滋賀県の雄琴で行われ第10回全国業者青年交流会に参加しました。兵庫県からは33名の民商会員の業者青年と民商事務局が参加し、全体では全国から過去最高の600名の参加者が雄琴に集いました。
長崎から来た建築業の方は名刺を出会う人達に配りながら「これだけたくさんの同じ年代の方達と交流する機会に恵まれて幸せです」と言っていたのが印象に残っています。その方以外にも、様々な商売をしている業者青年と出会えた2日間でした。
 民商青年部は業者青年の繋がりをつくる場であると、改めて実感しました。今後、神戸民商青年部を「業者青年が繋がりをつくれる場」となるようにしていきたいと思います。

2008年2月 6日

青年部ニュース

青年部は商売、経営はもちろん、夢や希望をかなえるため互いに本音で語り合える若手経営者の集まりです。

神戸民商青年部では忘年会・各種学習会をはじめ、兵庫県下の他民商青年部とも力を合わせ、経営交流会や製品展示会、民商青年部対抗ソフトボール大会など多彩な企画にも挑戦しています。