「憲法と社会保障」の学習会

| | トラックバック(0)
婦人部学習会.jpg

4月28日(日)「憲法と社会保障」の学習会に参加しました。
灘民商婦人部の山田武子さんのヴィオラ演奏から始まり、講師の田中耕太郎さん(憲法が輝く兵庫県政をつくる会 代表幹事)からお話を聞きました。
「コスタリカの国では入学式に校長先生が、「自分が大事にされていないと感じたら声を上げてください」と言うのです。
日本国憲法にも、【第13条 個人の尊重・幸福追求権】があります。そして、【第99条 憲法尊重擁護の義務】があります。これらは、私たち国民は行政等の決定に不満がある場合などに声を上げる権利がある。行政等は憲法を尊重し守る義務があり、憲法からは逃げられません。」この言葉にみんなが頷きました...。
他にも生活保護制度・歴史・世界との違いなど、とても勉強になりました。

カテゴリ

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「憲法と社会保障」の学習会

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://118.82.81.109/cmt/mt-tb.cgi/347