消費税率引き上げ反対運動はこれから!

| | トラックバック(0)

昨年の総選挙では民主党が大敗しました。自民党が勝利したといわれていますが、これは全く実態を反映しない虚構の勝利です。
つまり、自民党は得票数で大きく減らしているのです。4割の得票で8割の議席を取ったという小選挙区制の矛盾のなせる業です。少なくない有権者が「なんでやねん!?」と思っているのです。ですからこの選挙の結果で消費税増税が認められたものでは決してありません。当の自民党自体も選挙戦中「経済状況を見たうえで判断する」としか言えなかったのです。この4~6月の状況を見て判断するようですが、こんな短期間で判断されてはたまりません。作術的な数字のトリックを使う可能性もあります。最近フランスの俳優が所得税率引き上げに抗議してロシアに国籍を移したというニュースが伝わっていますが、驚くことにフランスの最高税率は75%になるというのです。この日本ではわずか40%。これを5%上げるにもすったもんだしています。マスコミも報道するなら国籍を変えたことでなく、最高税率のこの違いこそ問題にすべきでしょう。いずれにせよこの7月には参議院選挙があります。ここで消費税増税反対の声を改めて大きくしていこうではありませんか。

カテゴリ

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 消費税率引き上げ反対運動はこれから!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://118.82.81.109/cmt/mt-tb.cgi/330