いのちと健康を守る交流会

| | トラックバック(0)

9月23日(日)舞子ビラで第14回いのちと健康を守る交流会が開催。
神戸親和民商から5名が参加しました。参加した上田さんが感想を寄せられました。

午前は昨年取り組んだ大腸ガン検診の結果報告について安藤好幸さんの講演がありました。ガン細胞の設計図(DNA)のコピーミスから発生1日数千億回の細胞分裂を繰り返しているなど早期発見の大きさ進行ガンまでの期間は1~2年だから毎年定期的にガン検診し、早期発見されれば、短時間で治療ができるそうです。午後からは商工新聞でおなじみの松本光正先生が「笑いと健康・プラス思考で医療を考えましょう」の講演は、「とてもわかりやすく、病は気からと昔から言われるように何事も笑ってプラス思考が病気予防にもなり、毎日が感動・感謝・感激の心でいき、日常生活や民商運動も頑張りたい」と思いました。 1日100回笑いがいいそうです。こころを鍛えて健康になりましょう。

民商では、10月~11月成人病検診を実施します。近年、働き盛り人の高血圧・心臓病・、糖尿病や癌が増えています。早期発見、早期治療を行いましょう。
 詳しいことは、民商までご連絡下さい。

カテゴリ

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: いのちと健康を守る交流会

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://118.82.81.109/cmt/mt-tb.cgi/313