消費税法案の採決強行に断固抗議する!

| | トラックバック(0)

多くの国民、中小業者が増税反対の声をあげてきたにもかかわらず、民主、自民、公明は消費税増税法案の採決を強行した。
国会でまともな審議も行わないまま、いわば談合で事を進めるなど言後同断である。しかし、ここにこそこの増税の思惑の異常さがよく表れているといえる。
国会で通ったとはいえ、ここであきらめてはいけません。なぜなら世論調査によれば、今だ6割近い人が増税反対と言っているのです。
次は遠くない先に行われる選挙で審判を下そうではありませんか。消費税増税反対の候補者をよく見極めて投票しましょう。投票した後で「こんなはずでは」とまた再び言わなくていいように。そのためには原発デモと同じようにみんなで立ち上がり、意思表示をすることが必要です。それぞれの選挙区の候補者にみんなで「原発」や「消費税」問題で迫っていきましょう。そして間違いないと思われる候補者に一票を投じましょう。そのためにみんなで情報交換をし、話し合いをしましょう。マスコミに煽られることのないように・・。
選挙後の国会で増税反対派が多数をしめれば、増税法は廃案にできます

カテゴリ

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 消費税法案の採決強行に断固抗議する!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://118.82.81.109/cmt/mt-tb.cgi/304