消費税増税にさらにNOの声を!

| | トラックバック(0)

いよいよ参議院で消費税増税法案の審議が始まりました。
この参議院でも衆議院同様、国民の声に押されて「反対」の声をあげる議員が増えるでしょう。確実に動揺は広がっています。しかし、まだまだ大きく声をあげなければなりません。この間マスコミでも消費税が10%になれば、所得税や住民税の増税と合わせ、500万の収入のある4人家族で年間40万円もの負担増になることが明らかになっています。つまり1か月の収入がなくなってしまうのです。同時にこの10%もそれで終わることはありません。財界などは次は18%だなどと言っています。穴の開いたバケツに水を入れるようなものなのです。無駄を削り、所得に応じた税負担の制度を作らないかぎり、際限のない増税が待っているのです。10%になったらまた言うに違いありません。
「社会保障負担が増えて、財政赤字が止まらない。消費税増税以外に財源はない」と。選挙もそれほど先ではないでしょう。議員も選挙で落ちればただの人。増税賛成の議員を追い詰めましょう。署名を集めましょう。議員事務所に電話やFAXを入れましょう。今大量に議員のところに電話やFAXなどが贈られてんてこ舞いらしい。そう、国民の声を聞こうとしない連中にどんどん声を届けましょう。私たち国民こそ主権者なのですから。

カテゴリ

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 消費税増税にさらにNOの声を!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://118.82.81.109/cmt/mt-tb.cgi/300