戦いは参議院へ

| | トラックバック(0)

26日消費税法案が衆議院で可決されました。
多くの国民の民意を無視し、自民、公明との談合による採決は許せません。本来国会で十分議論すべきにもかかわらず、自、公、民で合意したからokだというのは、議会制民主主義を頭から否定するに等しいものです。「大政翼賛会」を彷彿とさせる「議会内」多数党の横暴の危険性をよく示しています。しかし、これで決まったわけではありません。次に参議院があります。地元選出の参議院議員に「消費税に反対するのか」「賛成するのか」を迫っていきましょう。
次の選挙で審判をくだすということを知らせていきましょう。議員は戦々恐々なのです。そして万が一今国会で通っても選挙で消費税反対派が多数をしめれば、次の国会で廃止法案をだせます。戦いは続きます。
あきらめずにがんばりましょう。なお各会派の電話やフアックス番号などわかりますので、希望の方は当事務所まで連絡ください。
絶対に許さないぞー!!

カテゴリ

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 戦いは参議院へ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://118.82.81.109/cmt/mt-tb.cgi/293