税務署による「呼び出し」文書は大問題

| | トラックバック(0)

今税務署の文書による納税者の呼び出しが行われているところがあります。

どういった資料によるものかはわかりませんが、一方的な呼び出しは大いに問題があります。

先日国税通則法が「改正」されましたが、その条文では特別な場合を除いて調査の際には、事前に納税者本人に日時や調査内容その他の事項を通知しなければならないことになっています。

税務署が必要であれば、納税者本人の都合や状況を直接連絡して、税務署の持っている資料等を明らかにして相談するのが筋でしょう。

主権者である納税者を公僕である税務署員が一方的に呼び出すなど論外です。もしこうした文書が届いたらすぐに神戸親和民商にご相談ください。

カテゴリ

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:  税務署による「呼び出し」文書は大問題

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://118.82.81.109/cmt/mt-tb.cgi/248