経済センサスに関して

| | トラックバック(0)

経済センサスというのは、全国の全ての事業所・企業が対象の調査で、総務省及び経済産業省が中心となって行っているもので、今、業者さんのところに調査員が訪ねて回っています。いざ記入しようにも内容もなかなか複雑で面倒なのでほったらかしにしがちです。
しかし、統計法の第六十条や第六十一条に「報告の義務」と「罰則」が記されていますので、注意が必要です。

統計法(抜粋)
第六十条 次の各号のいずれかに該当する者は、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
  一 第十三条に規定する基幹統計調査の報告を求められた者の報告を妨げた者
  二 基幹統計の作成に従事する者で基幹統計をして真実に反するものたらしめる行為をした者
 第六十一条 次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。
  一 第十三条の規定に違反して、基幹統計調査の報告を拒み、又は虚偽の報告をした者
  二 第十五条第一項の規定による資料の提出をせず、若しくは虚偽の資料を提出し、又は同項
   の規定による検査を拒み、妨げ、若しくは忌避し、若しくは同項の規定による質問に対して
   答弁をせず、若しくは虚偽の答弁をした者
  三 第三十六条の規定により匿名データの提供を受けた者又は当該匿名データの取扱いに関す
   る業務の委託を受けた者その他の当該委託に係る業務に従事する者若しくは従事していた者
   で、当該匿名データを、自己又は第三者の不正な利益を図る目的で提供し、又は盗用した者

カテゴリ

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 経済センサスに関して

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://118.82.81.109/cmt/mt-tb.cgi/243