いよいよ確定申告!

| | トラックバック(0)

税負担はかなり多い?・・注意して申告しましょう
 
いよいよ確定申告が始まります。税務署はさかんにe―タックス申告宣伝をしています。たしかに自宅で申告が終了できるという点では便利かもしれませんが、しかし要注意です。税務署への申告は所得税を納めれば完結します。しかしそのあとに住民税(市・県民税等)が来ますし、さらに国民健康保険の通知も来ます。住民税は6月、国保はその後にきます。そしてみんなビックリ!「こんなに払うの!!」。ですから公的負担は所得税だけではないことをよく考えて申告することが大事です。そもそもこうした矛盾が生まれるのは、人的控除があまりに低すぎることなのです。基礎控除は所得税では年間38万、住民税では33万にしかすぎません。つまり年間の儲けが33万円を超すと税金がかかるのです。こんなばかなことがあるでしょうか。生活すらできないのに税金は納めなければなりません。他方で何億円も稼いでいながらその税率はわずか10%代の大金持ちもいます。公的負担は庶民の場合通常20~30%にもなります。こうした不公平をなくし「所得に応じた負担を」「生活費に税金をかけるな」という声をあげていきましょう。

カテゴリ

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: いよいよ確定申告!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://118.82.81.109/cmt/mt-tb.cgi/241