店舗兼用住宅の家賃の消費税は?

| | トラックバック(0)

不動産賃貸業を営むAさんからの税務相談です

Q:店舗兼用住宅の家賃は消費税の申告の時どうしたらいいですか?

A:店舗兼用住宅などを貸し付ける場合には、住宅として貸し付けた部分のみが非課税となりますので、家賃の額を住宅の貸付けに係る部分と店舗の貸付けに係る部分に合理的に区分する必要があります。つまり、家賃の内訳を区分していないからといって、全額が課税あるいは非課税になるというものではありません。
  また、食事付きの貸間などを賃貸する場合にも、非課税となるのは住宅の貸付けに係る部分だけとなりますので、住宅家賃の部分は非課税、食事の提供部分は課税として合理的に区分する必要があります。

消費税の申告でお困りの方は神戸親和民商まで!

カテゴリ

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 店舗兼用住宅の家賃の消費税は?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://118.82.81.109/cmt/mt-tb.cgi/238