融資を獲得!その事業資金を銀行が管理?

| | トラックバック(0)

三宮で商売をしている30代の若いマスターAさん。3周年を迎え心機一転、お店の改装のため設備資金として保証協会付き融資300万円を申し込み、実行されることになりました。

後は契約だけということで、銀行に行きましたが「このお金は通知預金にさせてもらい、こちらで管理します。改装工事が終われば工務店の請求書を見せてください。こちらから振込みます。」という話をされました。Aさんは「自分のお金なのに自由に出来ないのはおかしい!」と抗議をしましたが、「保証協会から資金管理をするように言われています。疑っているわけではないのですが、万が一設備資金以外でお金を使われると困りますので」との回答しかしませんでした。

その後すぐに銀行員を店に呼び、「この資金はだれのものなのか?あなたが借りたわけではないし、返済もAさんがするのだから、本人が自由に出来て当然ではないか?」と常識的な話をしたにもかかわらず、銀行からは同じ回答しかなく、話しは2時間も続きました。結局銀行側は当初の意見を変えないまま、この日は終わりました。

後日、本店へ抗議をしに行こうということになり、事前に本店に連絡を入れたところ「行き過ぎた行為だと思います。支店に連絡して普通預金に振り込ませてもらいます。」となりました。
事業主が借りたお金を事業主本人が自由に使うことができるのは当然の事です。現在このような銀行の態度が増えています。絶対に許してはいけません。

カテゴリ

,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 融資を獲得!その事業資金を銀行が管理?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://118.82.81.109/cmt/mt-tb.cgi/224